魚の目 治療 方法 市販薬 痛み 費用 期間

魚の目ってなに?タコとは違うの?

魚の目には、実は正式名称があり、その名を「鶏眼」といいます。

 

一般的には魚の目が分かりやすいですね。

 

 

魚の目とは、足の皮膚にできる疾患で、角質層が厚く硬くなり押したり刺激を与えると痛みを伴うものの事を言います。

 

患部の中心に硬い芯のようなものができますが、それがさかなの目に似ている事から魚の目と言うようになりました。

 

 

魚の目は主に足の裏や足の指の関節にできる事が多いのですが、摩擦と圧迫が長時間続くと皮膚がそれを守ろうとして角質層が厚くなっていきます。

 

この状態が長時間続く事によって角質が円錐型になり、魚の目となります。

 

 

魚の目の中は赤くなったり、黒っぽかったりといくつかパターンがあるようです。

 

魚の目は痛みを伴いますが、その前段階で角質が分厚くなってる状態を一般的に『タコ』と言っています

 

タコは削り取る人も中にはいるようですが、魚の目は痛みが強く、芯が根深いので無理矢理削ろうとしても痛みと出血を伴う事もありますので、タコのように簡単に削り取る事はできません。

 

 

原因は靴が足に合っていない物を履き続ける事によって引き起こされるケースが多いとされています。

 

足に合っていない靴を無理矢理履いていませんか?

 

足に合っていない靴を長時間履く事自体が苦痛ですが、それにより魚の目を引き起こすと考えると、刺激による痛みがあるため治療が必要になってきます。

 

皮膚科などの専門医で麻酔をして削り取ってもらう治療法や市販薬で少しずつ削り取る方法などがあります。

魚の目を放置するとどうなるの?

魚の目は足などの皮膚が硬くなって、真皮に向かって進入し、芯を作ってしまうのですが放置していても治る事はありません

 

市販薬での除去や皮膚科での取り除きの治療を施しますが、放置していると芯が神経に触り、痛みを感じるようになります。

 

 

爪切りなどの道具では家庭では芯まで取りきる事が難しく、完治せず、またすぐにできてしまうといった事の繰り返しになります

 

そういった中途半端な削り方をしても、何度も再発しますので、皮膚科を受診するか薬局などで絆創膏タイプの魚の目治療薬が売っていますので放置せずしっかり早めに対応する事を心掛けましょう。

 

 

魚の目は深い部分で炎症を起こしている場合があり、足にできてしまうと痛みなどで歩きにくくなります。

 

これは圧迫を避けるようにかばってしまうので、治療せずにそのまま歩きにくい状態が続くと体の姿勢が悪くなり、腰痛や骨盤の歪みを生じる可能性がある事も理解した上で早めに治療するように心掛けましょう。

 

 

魚の目の再発を防止するためには足に合った靴を履く事で再発の予防にもなります。

 

いずれにせよ、魚の目ができてしまった場合、自分自身でほじくり返したりしても芯は取れにくいですし、いつまで経っても治らない、痛みが増すなどの状況が続きます。

 

結果、他の体の部位を痛める事になりかねませんので、皮膚科に掛かるか治療薬で芯を取り除いて完治してから予防法として、女性では特に多い、ハイヒールや歩きにくい靴を履かずに足に合ったものを選んで履くようにしましょう。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報