魚の目 たこ 芯 原因 治療

魚の目とたこの違いは「芯」があるかどうか?

魚の目とたこは似ているので間違える人も多いようですが同じではありません。

 

魚の目は足の裏などの1箇所に摩擦と圧迫感が続く事で皮膚が硬くなり中に芯ができるものですが、たこは圧迫の掛かる箇所が盛り上がってくるものの事を指します。

 

魚の目を鶏眼というのに対して胼胝(べんち)と言います。

 

発症の原因は魚の目と大して変わらず、足に合わない靴を履いていて足の一部に長時間にわたり圧迫や摩擦が加わる事で発症します。

 

また、立ち仕事やハイヒールを履く仕事の場合にも発症します。

 

主には足の裏、足の指の間、関節などできます。魚の目と違ってくるぶしや手の指にもできたりします。

 

 

「ペンだこ」「ラケットだこ」なども有名ですね。

 

1箇所に長時間摩擦や圧迫が加わる事でできますね。

 

たこは魚の目と違い、見た目上角質が厚くなりツルツルしていますが魚の目のように中心に楔形(くさびがた)の芯はできず、圧迫しても魚の目ほどの痛みがないのが特徴です。

 

 

ただし、たこを甘く見て放置しているととんでもない事になります。

 

たこも魚の目もできる原因は1箇所への長時間の摩擦と圧迫が続く事ですから、当然、たこを放置したまま治療をしていないと魚の目になり、足の場合ですと、歩く度に圧迫と摩擦を繰り返し、痛みを伴って歩きづらくなります。

 

魚の目になってしまうと治療が変わってきますので、たこができた時点で早めの治療をお勧めします。

 

市販薬などで治す事ができますが、根本原因の摩擦と圧迫を回避しない限り繰り返し発症します。

 

摩擦と圧迫を解放してあげれば自然に治癒する場合もあります。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目とたこの違いは「芯」があるかどうか?関連ページ

ウイルス性いぼとの違い
ウイルス性いぼと魚の目は原因・症状とも明らかに違ってきます。また治療法においても違いがあります。
魚の目のできやすい場所
魚の目のできやすい場所と原因について説明します。主に手、足の裏、かかとなどが主に出来やすい場所です
魚の目の黒い芯
魚の目の黒い芯は、実はウイルス性いぼの可能性があります。基本的に魚の目の芯の色は白です。
魚の目の初期症状
魚の目の初期症状について解説します。初期の状態では魚の目なのかたこなのかはわからないです。
魚の目ってうつるの?
魚の目ってうつるの?感染性はある?というぎもんについて解説します。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報