魚の目 ウイルス性いぼ 違い 原因 症状 治療

ウイルス性いぼと魚の目は原因・症状とも明らかに違います

ウイルス性いぼと魚の目の違いについてですが、そもそも、発症する原因が違います。

 

魚の目は長時間の1箇所への圧迫と摩擦により皮膚の角質が硬くなり中に芯ができるものをいいますが、ウイルス性いぼは、ヒト乳頭種ウイルスというウイルスの感染が原因です。

 

傷口などからウイルスが侵入し、皮膚の表面の細胞に感染してできるものの事をいいます。

 

 

また、ウイルス性いぼの症状ですが、魚の目とは違っています。

 

角質の固まってできた芯などはなく、皮膚の表面が盛り上がったできものです。

 

魚の目は角質がツルツルして硬くなるのに対していぼはガサガサしています。

 

魚の目は削っても出血しませんが、ウイルス性いぼは削ると小さな出血があるのが特徴です。

 

 

ウイルス性のいぼは魚の目と違う原因から発症しますので、放置していると、他の部位に感染したり他の人に感染したりします。

 

また、痛みが少ない事から、放置していて、感染が拡大し、増殖する例もあります。

 

 

魚の目の治療はサルチル酸というもので治療をする事が多いですが、ウイルス性いぼの場合は魚の目と違って液体窒素で除去するのがごく一般的とされています。

 

治療に関しては魚の目もいぼも小さい状態での早めの治療が推奨されています。

 

市販薬の絆創膏タイプなどで魚の目の治療は可能ではありますが、いぼは専門の皮膚科などで治療されると良いでしょう。

 

いずれにしても早めの治療に越した事はありません。

 

 

また、小さい段階ですと、いぼなのか魚の目なのかの判別が素人では難しいですのでそういった意味でも専門医の受診をお勧めします。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

ウイルス性いぼと魚の目は原因・症状とも明らかに違います関連ページ

魚の目とたこの違い
魚の目とタコの違いを説明します。簡単に言うと中心に芯があるかどうかが見分けるポイントとなります。
魚の目のできやすい場所
魚の目のできやすい場所と原因について説明します。主に手、足の裏、かかとなどが主に出来やすい場所です
魚の目の黒い芯
魚の目の黒い芯は、実はウイルス性いぼの可能性があります。基本的に魚の目の芯の色は白です。
魚の目の初期症状
魚の目の初期症状について解説します。初期の状態では魚の目なのかたこなのかはわからないです。
魚の目ってうつるの?
魚の目ってうつるの?感染性はある?というぎもんについて解説します。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報