魚の目 たこ ウイルス性いぼ 感染 うつる

魚の目ってうつるの?感染性はある?

魚の目の感染についてですが、魚の目は感染するのでしょうか?

 

魚の目自体が感染する、うつるといった事はないようです。

 

感染するのはウイルス性のいぼとされています

 

たこと魚の目は基本的に発症の仕方が同じで足などの局部への長時間の圧迫と摩擦ですから同じ仲間とされていますが、いぼはウイルス性ですので同じ仲間ではありません。

 

感染するのはいぼのウイルスが増殖して他の部位へ感染する事があります。

 

足にできた場合、その周辺や、いぼを触ってしまった手に感染する事があります。安易に削ったり触ったりしない方が無難ですね。

 

他の人への感染がない訳ではありませんが、よほどの濃い接触がない限り感染の度合いは低いとされています。

 

ただし、ウイルスですので傷口などから感染する事がありますから注意が必要です。

 

 

一般に、いぼ、たこ、魚の目は一緒にされそうですが、それぞれに特徴があり症状も異なります。

 

従って治療方法も異なりますし、初期段階での治療が有効です。

 

いぼにも一部ウイルス性ではないもの…脂漏性角化症と言われる中年以降によくできるいぼがあります。

 

 

魚の目は感染はしないとされていますが、ご自身で芯を取ろうと、カッターナイフなどでほじくり返したりすると、そこから細菌が侵入して他の感染症を引き起こす可能性も考えられますので、くれぐれも適切な治療を施すようにするのがお勧めです。

 

症状が悪化するような事は避けて専門の皮膚科などで診てもらいましょう。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目ってうつるの?感染性はある?関連ページ

魚の目とたこの違い
魚の目とタコの違いを説明します。簡単に言うと中心に芯があるかどうかが見分けるポイントとなります。
ウイルス性いぼとの違い
ウイルス性いぼと魚の目は原因・症状とも明らかに違ってきます。また治療法においても違いがあります。
魚の目のできやすい場所
魚の目のできやすい場所と原因について説明します。主に手、足の裏、かかとなどが主に出来やすい場所です
魚の目の黒い芯
魚の目の黒い芯は、実はウイルス性いぼの可能性があります。基本的に魚の目の芯の色は白です。
魚の目の初期症状
魚の目の初期症状について解説します。初期の状態では魚の目なのかたこなのかはわからないです。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報