魚の目 治療 市販薬 液体窒素

魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。記事一覧

魚の目の芯の取り方 カッターなどで取らないこと!

魚の目の芯の取り方についてですが、基本的には皮膚科を受診する事をお勧めしています。ご自分で自宅で取りたいという方へ向けて、いくつか治療法をご紹介します。一般的な取り方として多く普及しているのが、市販の絆創膏タイプのもので患部をふやかして芯を取り除くと言う方法ですね。絆創膏タイプですので、貼り付けて約...

≫続きを読む

足の裏の魚の目の治療 他の部位との相違はありません

足の裏の魚の目の治療に関しては、自分で除去する方法と皮膚科などの専門医に治療してもらう方法があります。小さなものですと皮膚科でも絆創膏タイプのシールを処方されて、患部をふやかす事で治療する事もあります。ご自身で治療する場合には薬局などで市販されている絆創膏タイプのシールを貼って治療しますが、魚の目の...

≫続きを読む

魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛い?

魚の目の治療に際しての痛みについてですが、絆創膏タイプの市販薬ではさほど治療の痛みはありません。皮膚がふやけて、芯を取るだけだからです。皮膚科や外科などの専門医での治療方法としてある、液体窒素での治療の痛みですが、痛みに対する耐性が人によって違う事と、魚の目の大きさなどによって違いがありますので一概...

≫続きを読む

魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします

魚の目は一般的に、男性より女性ができやすく、子供はもっとできやすいとされています。これは子供の成長期に問題があるとされています。成長の速度が速いため、足が大きくなり、小さな靴を窮屈なまま、履き続けたり、また、大き目の靴を履く事によって、サイズが合わずに魚の目になってしまうためです。子供に魚の目ができ...

≫続きを読む

魚の目治療 市販薬の種類(絆創膏・液状・内服液)

魚の目の治療に使う市販薬ですが、魚の目をふやかして柔らかくする作用のものを紹介すると絆創膏タイプのものと、液状タイプのもの、内服液タイプがあります。絆創膏タイプですが、貼る事で患部がふやけて柔らかくなり、治療する目的のものです。代表的なものは代名詞ともなっている「スピール膏CX」です。ニチバンから発...

≫続きを読む

魚の目の治療料金てどれくらい?

魚の目の治療費に関して。専門の皮膚科を受診して、魚の目を治療する場合の目安の金額ですが、受診料として1500円前後掛かります。後、魚の目ひとつにつき、メスなどでの除去手術を要する場合は6500円前後の費用が掛かります。これは保険適用されての料金となります。レーザーでの治療もありますが、一般的に保険適...

≫続きを読む

魚の目の治療方法いろいろ

魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます。絆創膏タイプのものは、硬くなった足の角質にできた魚の目をふやかして、芯を取り除く方法です。また、患部に直...

≫続きを読む

魚の目の治療期間はどれくらいかかるの?

魚の目の治療に要する期間は、治療方法により異なります。絆創膏タイプのもので魚の目をふやかして芯を取り除く方法ですが魚の目の大きさや状態によりますが、1週間程度から2週間程度患部に絆創膏タイプのものを貼ってふやかして魚の目の芯を除去します。魚の目の大きさによっては1ヶ月程度掛かる場合もありますし、結局...

≫続きを読む

魚の目治療 液体窒素の治療はドライアイスで代用できる?

魚の目の治療で多く行われている液体窒素での手術ですが、−196度の液体窒素を綿棒の先などで魚の目の患部に塗り、凍結させて細胞を壊死させる治療法です。壊死させた後は皮膚が細胞分裂を繰り返し、新しい皮膚となって再生します。患部に液体窒素を塗る時に激しい刺すような痛みがあると言われています。2週間に1度の...

≫続きを読む

魚の目の治療 手術は必要なの?

魚の目の治療方法で手術(外科手術)を施す事があります。手術というと多少大げさに聞こえますが、メスを使って魚の目の芯の部分を除去します。手術するにあたっては、魚の目の固くなった皮膚をふやかす必要がありますので、初期段階では絆創膏タイプのものなどで1週間ほど薬を染み込ませ、皮膚の表面を柔らかくしてから、...

≫続きを読む

魚の目をお灸で治療できるの?

魚の目をお灸で治療するという方法は昔からよくあります。一般的には皮膚をお灸で焦がして壊死させる方法ですので、現在の治療法と似たようなところがあり、効果があるとされています。焼灼灸という方法で直接熱を与えて治療を行います。魚の目の痛みがある部分にお灸をすえますが熱さを感じる場合がありますので注意が必要...

≫続きを読む

魚の目は放っておいて自然治癒するの?

魚の目が自然治癒するのかどうなのかという疑問がありますが、一般的には皮膚科などの専門医で治療を行わない限り、自然に治癒する事はありません。魚の目は、足の裏などを中心に、靴のサイズが合っていない、歩き方が悪いなどの理由で、局部的に圧迫と摩擦が生じて角質が硬くなって真ん中に円錐状の芯ができるものです。放...

≫続きを読む

魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用

魚の目のレーザー治療ですが広く行われているのは炭酸ガスレーザーを用いた治療方法です。施術の方法ですが、まず、魚の目の周囲に局部麻酔を掛けて行います。麻酔が効いたら魚の目にレーザーを当てて、皮膚組織の水分を蒸発させた後、瞬間的に焼き切ります。焼いた痕については自然に新しい皮膚が形成されて治癒します。魚...

≫続きを読む

魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です

魚の目の治療にご自身で行うものに「魚の目カッター」というものが市販されています。硬く、分厚くなった足の皮膚などを切り取り、削るものですが、魚の目の治療というよりは硬く分厚くなった皮膚を切削する意味合いが大きいものです。替え刃がついているものが大半で、やすりとセットになっているものも市販されています。...

≫続きを読む

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報