魚の目 治療 市販薬 絆創膏タイプ 液状タイプ 内服液タイプ

魚の目治療 市販薬の種類(絆創膏・液状・内服液)

魚の目の治療に使う市販薬ですが、魚の目をふやかして柔らかくする作用のものを紹介すると絆創膏タイプのものと、液状タイプのもの、内服液タイプがあります。

 

絆創膏タイプですが、貼る事で患部がふやけて柔らかくなり、治療する目的のものです。

 

代表的なものは代名詞ともなっている「スピール膏CX」です。

 

ニチバンから発売されています。一般的に絆創膏タイプで有名で、貼る部分によって種類も豊富に揃っています。

 

サリチル酸の作用を利用して、硬くなった角質を柔らかくして魚の目の治療をするものです。

 

 

液状タイプのものでは「スピール液」や「ウオノメコロリ絆創膏」が有名ですね。

 

比較的しつこい魚の目やいぼの治療に効果が高いとされています。

 

早期治療に向いているとされています。絆創膏タイプよりも塗布範囲が自由自在ですので使いやすいですね。

 

局部的に使う事が可能ですので効果があります。サルチル酸と乳酸が配合されていて高い治療力を発揮します。

 

 

内服液タイプのものですが、患部への直接、早めの治療と言うより体質改善の意味合いで
ヨクイニン」を服用する事があります。

 

皮膚を整え、体質改善で効果を発揮する場合があります。

 

ヨクイニンは古くから中国で漢方薬として利用されており、ハトムギの種子からエキスを抽出して錠剤にした薬剤ですが、肌荒れなどに効果があるとされており、体の内部から治療を施す薬として有名です。

 

 

このように、専門の皮膚科などでの治療以外でも市販薬として様々な薬剤が販売されており、自宅での治療も可能になってきています。早期の治療には効果があるものもありますね。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目治療 市販薬の種類(絆創膏・液状・内服液)関連ページ

魚の目の芯の取り方
魚の目の芯の取り方について解説します。一般的には市販のお薬や病院で取ってもらう方法です。絶対にカッターなどでとらないようにしましょう!
足の裏の治療
足の裏の魚の目の治療について解説します。基本的に足の裏だからといって、他の部位に出来た場合とそう相違ありません。
液体窒素やレーザーの痛み
魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛いのか解説します。痛みは基本的に人によって異なりますので、いたいのがいやな場合は市販薬で治療してみることをおすすめします。
子供の場合は専門医へ
魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします。そのわけは、子供の場合は魚の目かウイルス性のいぼの見極めが難しいからです。
治療料金の相場
魚の目の治療料金の相場について解説します。ご自分で治される場合やレーザーを使った治療法などをご紹介します。
治療方法いろいろ
魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。 ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます
治療期間はどれくらい?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療期間はどれくらいかかるのか解説します。
ドライアイスで代用できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。液体窒素の治療はドライアイスで代用できるか解説します。
手術は必要なの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療で手術は必要か解説します。
お灸で治療できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここではお灸による治療法と注意点を掲載しています。
自然治癒するの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは魚の目は放っておいて自然治癒するのかについて解説します。
レーザーによる除去方法
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは、魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用についての解説します。。
魚の目カッターの効果
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報