魚の目 治療 市販薬 液体窒素 手術

魚の目の治療 手術は必要なの?

魚の目の治療方法で手術(外科手術)を施す事があります。

 

手術というと多少大げさに聞こえますが、メスを使って魚の目の芯の部分を除去します。

 

手術するにあたっては、魚の目の固くなった皮膚をふやかす必要がありますので、初期段階では絆創膏タイプのものなどで1週間ほど薬を染み込ませ、皮膚の表面を柔らかくしてから、削り取る方法を取ります。

 

 

通常、局部麻酔を利用してメスで芯を取り除く場合、ぽっかりと穴が開いたようになりますがさほど日常生活に支障はないとされています。

 

病院によっては電気メスやレーザーで除去する場合もあるようですが保険適用外となり、高額な治療費が掛かってしまう場合がありますので手術に際してはどのような方法で治療を行うのか事前に医師に確認を取った方がよいでしょう。

 

また、手術自体は15分程度で終わる簡単なものですので、手術が終わればそのまま帰宅でき、日常生活を行う事ができます。

 

 

根が深い芯の場合もあり、一般に販売されている絆創膏タイプの市販薬では芯が取り切れない場合もあり、いつまでも痛みが続き、日常生活に支障が出る事がありますので、できるだけ魚の目ができた場合は専門の皮膚科に掛かって手術するなどの方法を検討する事をお勧めします。

 

くれぐれも自分でえぐりとるなどの自己流の手術は返って悪化を招きますし、衛生上よくないですのでご自身で手術はされないようにし、専門医に相談しましょう。早期に治療した方が結果的に治りも早く、無駄な出費も抑えられます。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目の治療 手術は必要なの?関連ページ

魚の目の芯の取り方
魚の目の芯の取り方について解説します。一般的には市販のお薬や病院で取ってもらう方法です。絶対にカッターなどでとらないようにしましょう!
足の裏の治療
足の裏の魚の目の治療について解説します。基本的に足の裏だからといって、他の部位に出来た場合とそう相違ありません。
液体窒素やレーザーの痛み
魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛いのか解説します。痛みは基本的に人によって異なりますので、いたいのがいやな場合は市販薬で治療してみることをおすすめします。
子供の場合は専門医へ
魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします。そのわけは、子供の場合は魚の目かウイルス性のいぼの見極めが難しいからです。
市販薬の種類
魚の目治療 市販薬の種類にはいろいろありますが、主に3種類絆創膏タイプ、液状タイプ、内服液タイプです。それぞれについて解説します。
治療料金の相場
魚の目の治療料金の相場について解説します。ご自分で治される場合やレーザーを使った治療法などをご紹介します。
治療方法いろいろ
魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。 ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます
治療期間はどれくらい?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療期間はどれくらいかかるのか解説します。
ドライアイスで代用できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。液体窒素の治療はドライアイスで代用できるか解説します。
お灸で治療できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここではお灸による治療法と注意点を掲載しています。
自然治癒するの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは魚の目は放っておいて自然治癒するのかについて解説します。
レーザーによる除去方法
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは、魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用についての解説します。。
魚の目カッターの効果
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報