魚の目 治療 市販薬 お灸

魚の目をお灸で治療できるの?

魚の目をお灸で治療するという方法は昔からよくあります。

 

一般的には皮膚をお灸で焦がして壊死させる方法ですので、現在の治療法と似たようなところがあり、効果があるとされています。

 

焼灼灸という方法で直接熱を与えて治療を行います。

 

魚の目の痛みがある部分にお灸をすえますが熱さを感じる場合がありますので注意が必要です。

 

上手く、硬くなった角質にお灸をすえれば熱さはあまり感じません。

 

熱さが感じる程度にまでお灸はすえます。

 

毎日、5回程度まで(5壮)お灸をすえていきます。

 

ただ、これには諸説あり、毎日行った方がいい、2、3日おきに行った方がいい、1週間に1度でよいなど様々です。

 

 

魚の目の大きさによってどの程度で魚の目の治療が終わるかは変わってきますが、小さいものだと毎日お灸をすえ続けていれば約2週間で取れるとされています。

 

少々、根気がいりますが、きれいに取れるのでお灸で治療する人も多いです。

 

 

治療法の中では比較的手頃にできますが、お灸のすえ方や種類がありますので、できれば鍼灸治療を行っているところで治療を施すようにした方が安全かつ安心して治療できるでしょうね。

 

ただし、鍼灸院では保険適用外の場合が多いですのであらかじめ注意が必要です。

 

 

お灸の種類にも多くの種類があります。

 

お灸をすえれば魚の目の芯が取れて完治するという安易なものではありませんので、くれぐれも自己流でお灸での治療を施すのではなく、鍼灸院などで適切に治療する事をお勧めします。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目をお灸で治療できるの?関連ページ

魚の目の芯の取り方
魚の目の芯の取り方について解説します。一般的には市販のお薬や病院で取ってもらう方法です。絶対にカッターなどでとらないようにしましょう!
足の裏の治療
足の裏の魚の目の治療について解説します。基本的に足の裏だからといって、他の部位に出来た場合とそう相違ありません。
液体窒素やレーザーの痛み
魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛いのか解説します。痛みは基本的に人によって異なりますので、いたいのがいやな場合は市販薬で治療してみることをおすすめします。
子供の場合は専門医へ
魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします。そのわけは、子供の場合は魚の目かウイルス性のいぼの見極めが難しいからです。
市販薬の種類
魚の目治療 市販薬の種類にはいろいろありますが、主に3種類絆創膏タイプ、液状タイプ、内服液タイプです。それぞれについて解説します。
治療料金の相場
魚の目の治療料金の相場について解説します。ご自分で治される場合やレーザーを使った治療法などをご紹介します。
治療方法いろいろ
魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。 ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます
治療期間はどれくらい?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療期間はどれくらいかかるのか解説します。
ドライアイスで代用できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。液体窒素の治療はドライアイスで代用できるか解説します。
手術は必要なの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療で手術は必要か解説します。
自然治癒するの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは魚の目は放っておいて自然治癒するのかについて解説します。
レーザーによる除去方法
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは、魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用についての解説します。。
魚の目カッターの効果
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報