魚の目 治療 市販薬 魚の目カッター Zwilling 効果

魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です

魚の目の治療にご自身で行うものに「魚の目カッター」というものが市販されています。

 

硬く、分厚くなった足の皮膚などを切り取り、削るものですが、魚の目の治療というよりは硬く分厚くなった皮膚を切削する意味合いが大きいものです。

 

替え刃がついているものが大半で、やすりとセットになっているものも市販されています。

 

価格帯は2000円から3000円程度のものが多く、切れ味はそれほど悪いものではありません。

 

ただし、芯が神経を圧迫して歩くたびに痛みが走るような魚の目の場合は、一般的には芯を取り除かなければ完治しないので、魚の目カッターでは完治が難しい場合があります。

 

普段からすぐに足の裏の皮膚が硬くなりがちで盛り上がってくる方は、魚の目の芯ができて痛みが酷くなる前に角質を削って痛みを軽減する事は可能です。

 

ただし、できてしまった根の深い魚の目の治療としては絆創膏タイプのものや液状のもの、また専門の皮膚科で液体窒素やレーザー治療を施さなければ完治は難しいですので、魚の目の大きさや状態、痛みの具合によっては、魚の目カッターの効果が感じられない場合があります。

 

市販されている魚の目カッターと呼ばれるものは魚の目を治療する目的というより、足の角質ケアの要素が強いものが多くあります。

 

足の裏に沿って角質を切削するだけですから普段からのケアには最適ですが、できてしまった魚の目には効果が薄いでしょう。

 

Zwilling 魚の目・角質削りという商品などが比較的評判が良いようです。普段から魚の目になりやすい人は角質ケアなどの目的で利用されてはいかがでしょうか?

 

⇒ Zwilling 楽天最安値はこちら

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です関連ページ

魚の目の芯の取り方
魚の目の芯の取り方について解説します。一般的には市販のお薬や病院で取ってもらう方法です。絶対にカッターなどでとらないようにしましょう!
足の裏の治療
足の裏の魚の目の治療について解説します。基本的に足の裏だからといって、他の部位に出来た場合とそう相違ありません。
液体窒素やレーザーの痛み
魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛いのか解説します。痛みは基本的に人によって異なりますので、いたいのがいやな場合は市販薬で治療してみることをおすすめします。
子供の場合は専門医へ
魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします。そのわけは、子供の場合は魚の目かウイルス性のいぼの見極めが難しいからです。
市販薬の種類
魚の目治療 市販薬の種類にはいろいろありますが、主に3種類絆創膏タイプ、液状タイプ、内服液タイプです。それぞれについて解説します。
治療料金の相場
魚の目の治療料金の相場について解説します。ご自分で治される場合やレーザーを使った治療法などをご紹介します。
治療方法いろいろ
魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。 ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます
治療期間はどれくらい?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療期間はどれくらいかかるのか解説します。
ドライアイスで代用できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。液体窒素の治療はドライアイスで代用できるか解説します。
手術は必要なの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療で手術は必要か解説します。
お灸で治療できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここではお灸による治療法と注意点を掲載しています。
自然治癒するの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは魚の目は放っておいて自然治癒するのかについて解説します。
レーザーによる除去方法
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは、魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用についての解説します。。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報