足の裏 魚の目 治療 市販薬 液体窒素

足の裏の魚の目の治療 他の部位との相違はありません

 

足の裏の魚の目の治療に関しては、自分で除去する方法と皮膚科などの専門医に治療してもらう方法があります。

 

小さなものですと皮膚科でも絆創膏タイプのシールを処方されて、患部をふやかす事で治療する事もあります。

 

ご自身で治療する場合には薬局などで市販されている絆創膏タイプのシールを貼って治療しますが、魚の目の大きさによっては何度も貼り変えが必要になったり、しつこく、芯がきれいに取りきれず、芯が残ってしまい、日常生活の中で再発してしまう事もあります。

 

皮膚科での治療には液体窒素で除去する方法やレーザーで焼く方法、その他、絆創膏タイプで患部をふやかしてからメスで切り取る場合もあります。

 

いずれも数回から半年程度の通院での治療が必要な場合があり1回で取り切れるとは限りません。

 

魚の目の大きさなどによって治療方法や期間が変わってきますので、皮膚科などの専門医によくご相談の上治療を行ってください。

 

 

稀に、カッターナイフなどで患部をご自身でほじくり、芯を取ろうとする場合があるようですが、絶対にお勧めできません。

 

ウイルス性の場合があり、患部に細菌が入り、状態が悪化する場合や傷つけてしまい、出血を伴う場合がありますので、ご自身で治療される場合は絆創膏タイプのものを根気強く貼って、芯が取れるまで治療するか、皮膚科などの専門医にかかり、適切な処置をする事をお勧めしています。

 

また、再発防止のために、きれいに芯が取れるまで治療を行うようにしましょう!

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

足の裏の魚の目の治療 他の部位との相違はありません関連ページ

魚の目の芯の取り方
魚の目の芯の取り方について解説します。一般的には市販のお薬や病院で取ってもらう方法です。絶対にカッターなどでとらないようにしましょう!
液体窒素やレーザーの痛み
魚の目治療 液体窒素やレーザーの治療は痛いのか解説します。痛みは基本的に人によって異なりますので、いたいのがいやな場合は市販薬で治療してみることをおすすめします。
子供の場合は専門医へ
魚の目治療 子供の場合は専門医の治療をおすすめします。そのわけは、子供の場合は魚の目かウイルス性のいぼの見極めが難しいからです。
市販薬の種類
魚の目治療 市販薬の種類にはいろいろありますが、主に3種類絆創膏タイプ、液状タイプ、内服液タイプです。それぞれについて解説します。
治療料金の相場
魚の目の治療料金の相場について解説します。ご自分で治される場合やレーザーを使った治療法などをご紹介します。
治療方法いろいろ
魚の目の治療の方法についてですが、いくつか方法がありますので、ご紹介します。 ご自身で治療をされる場合は、市販の絆創膏タイプのものや、液状タイプのもの、ヨクイニンの服用などで、治療する事ができます
治療期間はどれくらい?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療期間はどれくらいかかるのか解説します。
ドライアイスで代用できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。液体窒素の治療はドライアイスで代用できるか解説します。
手術は必要なの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目の治療で手術は必要か解説します。
お灸で治療できる?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここではお灸による治療法と注意点を掲載しています。
自然治癒するの?
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは魚の目は放っておいて自然治癒するのかについて解説します。
レーザーによる除去方法
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。ここでは、魚の目治療 レーザーによる除去方法の詳細と費用についての解説します。。
魚の目カッターの効果
魚の目の治療方法いろいろを掲載しています。魚の目カッターは治療というより、日ごろのケアに最適です。

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報