魚の目 治療 市販薬 治療薬 魚の目ころり

魚の目治療の市販薬として有名な魚の目ころり

魚の目の市販の治療薬の中でも有名なのがウオノメコロリです。

 

液状タイプと絆創膏タイプが販売されています。

 

サリチル酸を有効成分とし、魚の目の患部の角質を柔らかくして魚の目の芯を取り除くための治療薬として有名ですね。

 

横山製薬が製造している薬です。

 

絆創膏タイプでは有効成分のサリチル酸を患部に浸透させ角質を柔らかくし、魚の目の芯を除去する事ができるようになっていますが日常生活等で絆創膏がずれてしまい、患部からはがれて健康な皮膚に悪い影響を与え、炎症や痛みを起こす場合がありますので注意が必要です。

 

通常、2、3日に一度貼り変えを行い数回貼り変える事で硬くなった角質が柔らかくなり魚の目の治療ができます。

 

 

また、液状タイプは有効成分のサリチル酸を魚の目に直接塗り込む事が可能です。

 

くれぐれも健康な皮膚に付着しないように注意を要します。

 

付着した場合はすぐに拭き取ってください。そのままにしておくと健康な皮膚までサリチル酸が作用し、皮膚を柔らかくして白っぽくなってはがれてしまいます。

 

魚の目の周りの健康な皮膚まで白く軟化した場合は使用を一旦中止し、皮膚が再生してから再度使用するようにしてください。

 

 

絆創膏タイプのウオノメコロリでも有効成分のサリチル酸が日常生活等で歩く事により、絆創膏がずれてしまい、健康な皮膚に薬剤が浸透してしまい、健康な皮膚を軟化させる事がありますので注意が必要です。

 

絆創膏タイプでも液状タイプでも治療の効果は同じとされていますがくれぐれも薬剤の使用で健康な皮膚まで傷つけてしまう事がありますので注意が必要です。

 

⇒ 横山製薬 ウオノメコロリ絆創膏 楽天最安値はこちら

 

⇒ 横山製薬 ウオノメコロリ液 楽天最安値はこちら

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目治療の市販薬として有名な魚の目ころり関連ページ

治療薬 人気ランキング
スピール膏
タコと魚の目 共通の治療薬
魚の目パッド
魚の目 絆創膏

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報