たこ 魚の目 治療 市販薬 治療薬

タコと魚の目 共通の治療薬として使用できる市販薬は?

魚の目とタコは一見同じように見える事が多く、素人では見極めが困難となっています。

 

自宅でご自身で治療する際には市販薬を使用するのが一般的ですが、間違って使用すると悪化させる原因になったりしますので注意が必要です。

 

タコは魚の目になる以前の過程で角質が硬くなり盛り上がってくる状態を指しますので、共通の治療薬で対処する事ができます。

 

くれぐれもカッターナイフなどで削り取る事は衛生上問題がありますので避けてください。

 

傷を作り化膿するなど悪化させる事があります。絶対に行わないでください。

 

共通して使用できる市販薬としては、スピール膏が対応しています。

 

サリチル酸の角質を軟化させる作用で硬くなった角質を柔らかくふやかして除去するのが目的ですが、タコ、魚の目両方の治療に使用できます。

 

また、タコ、魚の目に似たものとしていぼがありますが、いぼはウィルス性ですので治療法が異なります

 

スピール膏では治療できないどころか、患部を悪化させる事がありますのでタコか魚の目かウィルス性のいぼか判断がつかない場合にご自身の安易な判断でスピール膏を使用するのは危険ですから避けましょう。

 

スピール膏の他では、サリチル酸の作用を利用して角質を軟化させて除去する絆創膏タイプの市販薬がタコの治療にも効果がありますので、使用する事ができます。

 

バンドエイド タコ・ウオノメ除去用絆創膏がこれにあたります。

 

なお、できるだけ専門の皮膚科などを受診して適切な治療をする事をお勧めします。

 

皮膚科などでもスピール膏を使用して治療する事があります。

 

⇒ ニチバン スピール膏 楽天最安値はこちら

 

⇒ バンドエイド タコ・ウオノメ除去用絆創膏 楽天最安値はこちら

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

タコと魚の目 共通の治療薬として使用できる市販薬は?関連ページ

治療薬 人気ランキング
スピール膏
有名な魚の目ころり
魚の目パッド
魚の目 絆創膏

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報