魚の目 治療 市販薬 治療薬 魚の目パッド

治療中の魚の目への負担を軽減してくれる魚の目パッド

魚の目はできてしまうと歩く度に刺すような痛みがあり、歩く事も大変になります。

 

治療は市販薬や専門の皮膚科などで行いますが、魚の目ができるそもそもの原因は歩き方などに問題があり足の裏の局部に過度な圧迫や摩擦が生じる事から魚の目を発症させます。

 

ですので、一旦治療を施しても、歩き方の癖や合っていない靴を履き続けるとまた再発してしまいます。

 

そこで、魚の目ができている時や治療後に患部の圧迫や摩擦を軽減する意味で魚の目パッドを使用する事をお勧めしています。

 

 

アクリル樹脂でできているものがあり、魚の目や靴擦れから患部への圧迫を軽減して痛みから守ってくれる絆創膏タイプのものです。
あくまでも、魚の目の治療薬としてではなく摩擦や圧迫から皮膚への負担を保護するのが目的ですので、できてしまった魚の目やタコに関しては治療が必要です。

 

 

魚の目パッドは医療用粘着剤を使用し、皮膚への刺激が少ないとされています。

 

アレルギーテスト済みですが、全ての方にアレルギーがない訳ではありませんし、保証するものでもありません。

 

貼り続ける事によりかぶれたりする場合がありますので注意して使用する事をお勧めしています。

 

痛みを和らげるのが魚の目パッドの役目ですので、治療にはなりませんし、また軽減される程度ですので自然治癒する事もありません。

 

治療は市販薬を利用するか、専門の皮膚科を受診して適切な治療をしましょう。

 

痛みがないからといって魚の目パッドだけの使用で治療しない事のないようにしましょう。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

治療中の魚の目への負担を軽減してくれる魚の目パッド関連ページ

治療薬 人気ランキング
スピール膏
有名な魚の目ころり
タコと魚の目 共通の治療薬
魚の目 絆創膏

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報