魚の目 治療 市販薬 治療薬 絆創膏

魚の目治療の市販薬として一般的なお薬は絆創膏タイプ

魚の目の治療に一般的に広く用いられている絆創膏タイプのものですが、サリチル酸を有効成分として患部の厚く硬くなった皮膚を軟化させて皮膚をはがれる状態にして魚の目やタコを治療するものです。

 

市販薬の中では最も幅広く利用されているもので、魚の目の大きさに合わせて、サイズも種類が豊富に揃っています。

 

皮膚科で処方される事もありますが、一般のドラッグストアなどでも販売しており、購入が可能です。

 

一部の商品はインターネットでの購入も可能となっております。

 

あまりに大きい魚の目や悪化した状態では効果が感じられない事もあり、専門の皮膚科で治療する事になる場合もあります。

 

また、足以外の部分には使用しないでください。

 

 

絆創膏タイプですので、日常生活の中で歩く事が多い人などは知らない間に絆創膏が患部からずれてしまい、サリチル酸が健康な皮膚に浸透し、炎症や傷を作ったり、また皮膚を軟化させて白っぽくする事がありますので使用には注意を払ってください。

 

健康な皮膚を傷つけてしまった場合には使用を一旦中止し、皮膚が再生するまで待ってから使用する事をお勧めします。

 

炎症が起きたりする場合があります。あまりにも痛みを伴う場合は使用を中止し、専門の皮膚科などで診てもらう必要があります。

 

通常、2、3日に一度貼り変えを行い、小さな魚の目であれば数回の貼り変えで皮膚が軟化し、魚の目の芯の除去が可能となりますが、それでも芯が取れない場合は専門の皮膚科を受診する事をお勧めします。

 

芯が取れない場合は痛みが軽減されていても再発するケースが非常に多く、治療が長引く場合があります。

魚の目の総合情報

<スポンサードリンク>

魚の目治療の市販薬として一般的なお薬は絆創膏タイプ関連ページ

治療薬 人気ランキング
スピール膏
有名な魚の目ころり
タコと魚の目 共通の治療薬
魚の目パッド

トップページ 魚の目の基本 魚の目治療 魚の目いろいろ情報